お砂場くん – 砂場の汚染状況

砂場の汚染状況について

 犬や猫を初めとするペット類の増加にともない、動物が保有する寄生虫が人に感染する 機会が増えています。公園などの砂場での砂遊びを通して、人がペットの寄生虫や細菌等 の感染を受けるのも感染ルートのひとつと考えられます。
 文献によれば、公園砂場のペットの糞便による汚染調査の結果、その90%以上が猫を 原因としていること、さらにはその90%近くが夜間に生じていることが判明しました。  いったん、犬猫回虫に感染いたしますと、消化器障害や脳炎や眼疾患といった重篤な 病気を引き起こすといわれております。

 神戸大学医学部の宇賀昭二先生の調査によると、主な地域の猫の回虫寄生率は、神戸 22.0%,大阪59.0%,神奈川39.6%,東京38.2%,北海道56.6%で、兵庫県下 の227ケ所の公園砂場からは、42%の割合で猫回虫(トキソプラズマ)を検出し、その96%は生存していると報告しており ます。

トキソプラズマ症について

 猫蛔虫「トキソプラズマ」に感染すると消化器障害や眼疾患等重篤な病気を引き起こす恐れがあります。さらに、妊娠中の女性が感染いたしますと、妊娠前期では、流産、早産などおこすといわれております。
また、妊娠 4ヶ月以降では胎児感染により、視力障害をはじめ脳水腫、精神障害や、水頭症等をひきおこすといわれています。

砂場の処理方法について

このような状況の中で、抗菌砂、熱処理、忌避剤、消毒水処理など様々な製品・システムが砂場汚染の対応策として注目されております。しかし、どの対応策を採用するにしても、下記のような課題があり各施設とも試行錯誤の段階であります。
 最適な対応策の条件は、

  1. 確実な効果が得られること
  2. 効果が長期にわたって持続すること
  3. 人体に対して安全であること
  4. 処理コストが安いこと などがあげられます。

 しかし、前述の対応策について検討するとき、これらのすべての条件を具備したものが見当たらないのが実情であります。

「お砂場くん」による砂場処理

  1. 本法は、6ヶ月間に1度「お砂場くん」(焼砂装置/特許出願中)による砂の清潔化処理と日常は、「キャット・アウエイ」(犬猫撃退装置/特許出願中)により清潔維持管理を行うシステムです。
  2. 焼砂装置「お砂場くん」で100℃以上に加熱することにより、安全かつ確実に清潔化することができ、他の方法に比べても処理コストが安くすみます。
  3. つぎに、「キャット・アウエイ」(犬猫撃退装置/特許出願中)の設置により清潔化後の清潔維持管理を行いますが、本装置は1度設置をいたしますと、ほとんどメンテナンス を施すことなく長期にわたりその威力を発揮いたします

 

Bookmark this on Yahoo Bookmark

Copyright(c) 2013 Nakahara Logistics All Rights Reserved.