お砂場くん – 作業内容

お砂場くん 装置概要





 クリーンエネルギーであるLPガスの燃焼炎(温度約1,600度)に砂が何回も接触するようになっていますので、殺虫殺菌が確実にでき、しかも砂場特有の臭気も燃焼することにより取り去ることが出来ます。
 また、砂場の底部のカビやカビ臭も同様に燃焼処理出来ます。
 落ち葉やペットの糞尿等も燃焼焼却しますので、砂は長期間リサイクル使用出来ます。(現状では砂場用砂を捨てる場合は産業廃棄物になります)
現場で使用する作業機械の動力に必要な電気は、発電器を備えていますので、電源のない山間部や河川敷等の現場でも作業可能です。
 燃焼炎が砂に直接接触するので熱効率がよく、加熱筒ロータリー方式で砂の接触率も高く効果的に、より確実に殺菌処理が出来ます。
(犬、猫回虫の卵も確実に死滅します)
 ドラム及びスクリューフィーダーの回転が容易に可変できますので、  処理砂の水分含水量に応じた調整が可能です。
 砂の殺虫殺菌処理に要する処理時間は、砂の水分含水量にもよりますが、約3立米程度の量で40~50分で処理出来ます。
 ドラムの回転数及び燃焼炎への接触回転数は、種々の実験データにより最適な状態に設定されています。

作業内容

 

超音波犬猫撃退機の砂場への応用

センサの範囲内への猫の侵入を感知して特に猫の嫌う周波数帯で、なおかつ人間に聞こえに  くい範囲の超音波を発生させ瞬間的に反応させ砂場への侵入を防止する。  公園、幼稚園、小学校等の砂場、又、その他の施設も夜間だけの作動で十分だと思います。  (むやみに電力を使用しない事と、人間に反応させない時間帯)  使用方法としては、明かりセンサーで昼夜を判断して夜間のみ作動させる。  砂場の真上からの赤外 線センサーで侵入を感知して、真上から超音波を発生させ有効範囲内で忌避行動を起こさせる。

犬猫専用忌避装置の動作について

 侵入→感知→発振作動→撃退

 感熱センサーにて動物の侵入を感知し犬猫の嫌う周波数をランダムに組み合わせて発生する(10秒~5分)  2,500種類の音域で学習効果無し設定時間経過後作動停止

Bookmark this on Yahoo Bookmark

Copyright(c) 2013 Nakahara Logistics All Rights Reserved.